マイオピン点眼薬(自費診療)

マイオピン点眼とは

近視は高度な近視の場合、視力低下、近視性の黄斑変性症、網膜剥離、緑内障などのリスクが高いと言われています。日本を含めてアジアでは近視の子供の数は有意に増加しております。

0.01%アトロピン(マイオピン)点眼薬は小児期の近視の進行を軽減させることを目的とした点眼薬で、Singapore National Eye Centre (シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。日本ではまだ保険適応ではなく、大学病院で研究あるいは自費診療にて処方されているのが現状です。

マイオピン点眼は、近視の進行を平均60%軽減させると言われています。また近視の症状を有しているお子様(6歳から開始)に推奨されており、最低2年間継続使用することをおすすめしています。

副作用

通常の1%アトロピン点眼よりも濃度が低いため、副作用がほぼ皆無と言われており、日中の光のまぶしさにも影響を及ぼさず、サングラスもほぼ不要です。また手元を見る作業にもほとんど影響を与えません。アレルギー性結膜炎および皮膚炎、白内障の形成、眼圧への影響、点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔が開き続けてしまう、電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告もありませんでした。また全身への影響も現在のところ報告されておりません。

リバウンド

点眼を中止するとリバウンドがあると言われていますが、濃度が大きい群ほどリバウンドが大きかったと報告されています。0.01%の群は最も戻りが小さく、また副作用の面からも臨床的に推奨できる濃度と考えられます。

治療の対象となる方

  1. 6歳~12歳までの中程度(-6D)以下の近視の方。
  2. 1〜3ヶ月毎の定期的な通院が可能な方。

現在までに報告されているのは6〜12歳を対象とした研究のため、12歳以降のデータはありません。しかし、12歳を超えても近視は進行しますし、低濃度アトロピン点眼は近視の進行を抑える可能性があります。ご希望がある方はご相談ください。

使用方法および注意点

  1. 毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。
  2. 点眼薬1本(5㎖)は両眼用で1ヶ月間の使いきりです。
  3. 法律上、保険適用外(自費診療)となるため他の疾患(保険診療)と同日に処方が出来ません。
    その場合は後日点眼薬を処方します。

現在までに報告されているのは6〜12歳を対象とした研究のため、12歳以降のデータはありません。しかし、12歳を超えても近視は進行しますし、低濃度アトロピン点眼は近視の進行を抑える可能性があります。ご希望がある方はご相談ください。

初診 点眼薬1本、診察・検査代 11,000円(税込)
再診 点眼薬1本、診察・検査代 6,600円(税込)
追加処方 点眼薬1本 3,300円(税込)
オルソケラトロジー併用 点眼薬1本 2,800円(税込)
※表記金額は全て税込です。

お支払いは現金またはPayPayのみとなります。
現在クレジットカード決済には対応しておりませんのでご了承ください。

診療時間

0565-34-1155
診療時間
9:30〜12:30
15:30〜18:30

休診日:火曜午後・土曜午後・日曜日・祝日・年末年始
疾患の内容により、すべての検査が行えない場合があります。

採用情報