オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーは、高酸素透過性の特殊なハードコンタクトレンズ(HCL)を用いて、角膜形状を変化させ、近視を矯正する治療法です。アメリカでは30年以上前から、研究・処方され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と有効性が認められ、実施されています。また、日本でも2009年に株式会社アルファコーポレーション(現在、株式会社アルファコーポレーション製造、株式会社メニコン販売)が日本で初めてオルソケラトロジーレンズの認可を取得し、販売を開始しました。現在、厚生省から認可されているオルソケラトロジー用のレンズは数種類ありますが、当院では、株式会社メニコンが販売する国産のオルソケラトロジーレンズ「メニコンオルソK」を使用します。

特殊なコンタクトレンズを寝ている間に装用する事で、睡眠中に角膜の形状が矯正され、日中を裸眼で過ごすことができます。特に小児期の近視の進行抑制に効果があると注目されています。外科手術ではありませんので、レンズの装用を中止すれば、2週間ほどで角膜はもとの状態に戻ります。万が一、合わないと感じても、いつでも中断できるので安心です。

近視について

眼は入ってきた光を網膜上で焦点を合わせることで像としてとらえます。
(下図は正常な方の目です。)

近視の場合は、この焦点が網膜より手前で結ばれるために像がぼやけて見えます。
(下図は近視の方の目です。)

オルソケラトロジーの原理

近視を矯正するには、光の屈折を変える必要があります。眼鏡は目の外で屈折を変え、コンタクトレンズは目の表面で屈折を変えています。オルソケラトロジーは目の表面で屈折を変えるという点ではコンタクトレンズと同じですが、人間が本来持っている角膜という場所に変形を加えることで、屈折を変えます。(変形を加えているだけなので、やめると元に戻ります。)オルソケラトロジーレンズ(左下図のオレンジ色の平べったい形をしたものです。)を装用することにより、角膜の形状をやや平たん化させて光の屈折を変えます。(右下図のように目の表面(角膜)が変形します。)レンズをはずしても一定期間、角膜の形状を保つことができるため焦点は合ったままとなり、日中は十分な裸眼視力が維持されます。

他の矯正方法との比較

眼鏡やコンタクトレンズ、レーシック手術など他の視力矯正法は、視力矯正効果はあるものの、近視進行の抑制効果はありません。オルソケラトロジー治療は近視進行を抑える有効な治療法としても注目されています。特に、角膜のやわらかい子供の方に効果が出やすく、早く始めるほど近視進行を抑制できると報告されています。

長所 短所
眼鏡
  • 手軽にかけたりはずしたりできる
  • 手入れが簡単である
  • 激しい運動には不向き
  • レンズがくもったり、視野が狭くなったりする
コンタクトレンズ
  • 強い近視や乱視・遠視でも矯正できる
  • 容姿に影響を与えずに使える
  • 眼鏡に比べると手軽にはつけはずしできない
  • ゴーグルなしで水泳には使えない
オルソケラトロジーレンズ
  • 日中は裸眼で過ごせる
  • 中止すれば2週間程度で元の角膜形状に戻る
  • 夜間に継続してレンズを装用しなくてはならない
  • 強度近視や乱視・遠視は矯正できない
レーシック
  • 常に裸眼で過ごせる
  • ケアの手間や追加費用がかからない
  • 外科手術が必要で、元の角膜形状には戻せない
  • 18歳以上でないと手術を、受けられない

0.01%アトロピン(マイオピン)点眼との併用

オルソケラトロジーと0.01%アトロピン(マイオピン)点眼を併用することで、オルソケラトロジー単独療法よりも、近視進行抑制効果が報告されています。併用の際は、マイオピン点眼をさしてから、5分以上時間をあけてオルソケラトロジーレンズを装用して下さい。

マイオピン点眼についてはこちら

コンタクトレンズのご用命は

Fukami Contact

*受診は定期検査を含めて全て完全予約制です。
インターネット予約は承っておりませんので、
必ずお電話または窓口にてご予約をお願い致します。

診療時間

0565-34-1155
診療時間
9:30〜12:30
15:30〜18:30

休診日:火曜午後・土曜午後・日曜日・祝日・年末年始
疾患の内容により、すべての検査が行えない場合があります。

採用情報